貨幣を基盤とする私たちの社会と、決済システム

Pocket

現代の社会において、キャッシュレス決済システムは非常に重要な役割を果たしている。その為、以下の点を考慮し、安定的なキャッシュレス決済システムを確立し、そのシステムに皆がアクセスできるようにすることが求められる。

1.信頼性・セキュリティ

  • キャッシュレス決済システムは、取引の信頼性とセキュリティが最優先する必要があります。
  • 取引の信頼性を保証するためには、システムの正確さと迅速さが重要です。
  • セキュリティは、様々な脅威から保護するために、エンドツーエンドの暗号化、二要素認証、監視などが必要です。

2.利便性

  • キャッシュレス決済システムは、利用者にとって利便性が高く、素早く、簡単に取引を行うことができるようにしなければなりません。
  • スマートフォン、PC、タブレットなど、多様な端末で利用可能な決済システムが必要です。
  • また、配信や決済の過程でのエラーを最小限に抑えるため、自動的に障害を解決する機能を組み込むなどの工夫が必要です。

3.アフターサポート

  • キャッシュレス決済システムは、大きなトランザクションを処理するため、様々な問題が発生する。そのため、関係する個人、法人に対するアフター・サポートが非常に重要です。
  • 利用者は、取引が適切に処理されるよう、何か問題が起こった際に支援を受けられる手段が必要です。
  • サポートの方法としては、24時間体制のカスタマーサポート、FAQの充実、オンライントレーニングやマニュアル配布などが考えられる。

4.資金移動

  • キャッシュレス決済システムは、決済だけでなく、資金移動の機能を充実させていくことも重要な課題です。
  • 他国への送金にも対応した、国際決済システムが将来的には必要です。
  • また、海外での利用に際し、通貨変換、為替の機能も必要になってくる場合があります。

5.普及の適正化

  • キャッシュレス決済システムは、普及の段階に応じた適正化が求められます。社会に浸透するにつれ、そのガバナンスやサービスの質が変容することが要求されます。例えば、プリペイドカードの消費者保護施策などは良い事例と考えられます
  • 幅広い人々が利用可能な状態にするためのインフラや施策が必要です。政府の主導が期待される領域でもあると考えられます
  • キャッシュレス決済を進めるにあたり、初期のフェーズにおいては、顧客獲得につながる特典やキャンペーンの開催も検討していく必要がある。実際に、日本政府は、キャッシュレス推進のために国主導でキャッシュバック施策を実行しました。

以上のように、キャッシュレス決済システムが確立され、普及した社会においては、安全かつ便利な取引が可能となります。決済システムへのアクセスが誰にとっても重要なのだとしたら、現代の、貨幣を基盤とする私たちの社会は、まずすぐれたシステムを確立し、次に皆がそのシステムにアクセスできることを長期的に保証しなければならないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です